京都・出町の豆・鰹・こんぶ・塩などの乾物専門店「ふじや鰹節店」の三代目店主とIT担当Yが語る、食べ物にまつわる話です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月05日 (水) | 編集 |
豆の話し豆の話し
白花斗六豆のコンフィチュールの事が、IT担当のYさんから出ましたので、ここで店長が書かない訳にいきません。本当は、こっそり一人で楽しんでいたのですが、バレてしまいました。白花斗六豆は、大粒で肉質が多いので、朝食のパンに載せて楽しめたらと思い作ってみました。いつものように、豆を水に8時間ほど浸けて戻し、皮を取り写真の様に豆に芯が残らなく無くなるまで湯がきアクを抜きます。
豆の話し
アク抜きした豆をミキサーで滑らかになるまで砕き、砂糖・少しの塩・ミルクを加え煮ます。
豆の話し
写真の様に煮詰まれば出来上がりです。この時、ミルクは焦げやすいので、一気に素早く強火で焦がさないよう、水分を飛ばして下さい。
火傷に注意!!
豆の話し
そして、豆に関するお話がもう一つ。
待ちに待った、新豆が入荷しました。今年の北海道産赤エンド豆です。!!
昨年は不作で入荷の無かった赤エンド豆ですが、今年は少量入荷致しました。
蜜豆や豆大福などに使う豆です、豆マニアの方が血眼で探している赤エンド豆。
豆の話し
今なら100g200円で店頭に並んでます、早いもの勝ちです。
 
また、白花斗六豆のレシピえを知りたい方は、店頭でお答え致します。 
よろしくお願い致します。 店長談話
スポンサーサイト
テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。