FC2ブログ
京都・出町の豆・鰹・こんぶ・塩などの乾物専門店「ふじや鰹節店」の三代目店主とIT担当Yが語る、食べ物にまつわる話です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月09日 (月) | 編集 |
明けましておめでとうございます。ふじや鰹節店、IT担当Yです。

年末年始のふじや鰹節店は
普段からお買い物に来て頂いている方、
毎年年末に必ず訪れてくださる方、
正月ぐらいは出汁をとってみようかなぁという方、
様々なお客様にお越し頂きました。ありがとうございます。

さて、そんなことでお正月シーズンにはいつもは滅多に使わないだし鰹(出汁をとるための鰹節)を
購入される方もちらほらいらっしゃるのですが、余った鰹節、どうされてますか?

常温で保管して、こんな色になってませんか…?

\黄色っ!/
変色した鰹節

優しい肌色に香ばしそうな茶色が混じっていたのが、こんな薄い黄色に……!
ちなみに、これは調味料置き場にぽーんと保管されていた我が家の鰹節です…すいません。

ここで今日の本題です。
「開封した鰹節は冷凍庫に保存しましょう」
密封状態にするのがより望ましいです。

店頭では購入される際にお声がけしているのですが、熟練の主婦の方にも「そうなのー!」と目からウロコを頂いております。

鰹節に限らず、動物性のものは冷凍庫に、植物性のもの(昆布)は冷蔵庫に、が基本です。

といっても、食品ですのでどれだけ保管状態が良くても劣化はします。
あくまでも常温保管よりは保つというお話ですので、ご了承くださいね。

それでは、2012年第一弾のブログはこのあたりで。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。