FC2ブログ
京都・出町の豆・鰹・こんぶ・塩などの乾物専門店「ふじや鰹節店」の三代目店主とIT担当Yが語る、食べ物にまつわる話です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月09日 (金) | 編集 |
丹波若さや3
いよいよ今年もおいしい枝豆の季節がやってきました。
今年の黒豆の出来具合を視るために、篠山の契約業者の畑に行きました。7月の長雨で生育が心配でしたが、8月の好天に恵まれて順調に育ってきています。ただ畑の場所や生産者によって生育にすごくバラつきがあり、全体の印象としては良い畑の豆は例年通りですがそうでない畑の場合、鞘の数が少なく・小ぶりなところが気になります、これからの天候次第で良くなると思います。写真を見て戴くと良く分かりますが、葉っぱの色つやが違うので、畑の色が全然違って見えます。
あ、そうそう、大事なことを言い忘れていました。今年もぷりぷりに実った、「若さや」の枝豆を販売いたします。11日と16日の二回だけの入荷です、11日分はほぼ予約で完売ですが、16日分に関しましては、ただ今予約を受け付けております。旨みを引き立たせるゲランドのあら塩が茹で塩として付いており、ビールだけでなく焼酎のお供に最高に逸品です。茹で方は、二年前のブログに書いております、バックナンバーを参考にしてください。

丹波若さや2
良く生育した若さや
丹波若さや1
7月の天候不順の影響で鞘数の少なく小ぶりな部分
丹波若さや4
手前のグリーンの濃い畑と奥の色も浅い畑に注目してください。
畑の水はけに具合によって隣同士でも生育が全然違います。
丹波若さや2
良く生育した若さや
丹波若さや1
7月の天候不順の影響で鞘数の少なく小ぶりな部分
丹波若さや4
手前のグリーンの濃い畑と奥の色も浅い畑に注目してください。
畑の水はけに具合によって隣同士でも生育が全然違います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。