FC2ブログ
京都・出町の豆・鰹・こんぶ・塩などの乾物専門店「ふじや鰹節店」の三代目店主とIT担当Yが語る、食べ物にまつわる話です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月01日 (火) | 編集 |
桜の季節も終わり、タケノコ・ヤマブキ・山椒など初夏らしい旬の山の野菜がおいしい季節となりました。
今回はふじや特製の塩昆布のレシピをご紹介しましょう。
もしご興味がおありでしたら、こちらをクリックしてください。

材料は、
特上角切昆布200g
濃口醤油300cc 
酒(もしくは水)300cc 
みりん300cc
かえりじゃこ60g
塩昆布材料


以上の材料を、土鍋・鉄鍋・ホーロー鍋などの蓄熱量の高い蓋つきの鍋に入れて、1時間寝かしてください。
煮え立つまでは、蓋を開けて強火で火にかけてください。

塩昆布の炊き方1


煮えあがってきたら、ごく弱火(蛍の火ぐらい)で、蓋をして3時間蒸らし炊きをしてください。
途中1~2回、中身の上下を返す以外、蓋を開けないでください。

塩昆布の炊き方2


3時間たてば、火を止めて、中身の上下を返し鍋と蓋の間にタオルかふきんを挟み冷めるまで、8時間ほど置いてください。
そのときに、鍋に残ったいらない水分は、タオルが吸い取り、煮汁は昆布が吸い取って、より一層ふっくらと膨れます。
冷めてから、保存容器に移して冷蔵庫で保存してください。

塩昆布の炊き方3

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。