FC2ブログ
京都・出町の豆・鰹・こんぶ・塩などの乾物専門店「ふじや鰹節店」の三代目店主とIT担当Yが語る、食べ物にまつわる話です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月13日 (火) | 編集 |
東京へ商店街から研修視察に行ってきました、夜行バスで八重洲口に着き築地市場に見学へ行きましたが場内外とも歩くのもはばかれるほどのすごい賑わいで京都の市場のむかしを思いおこされました。さすが日本一の品揃えで、特にマグロの多さにはビックリどの店もマグロだらけ、近海・冷凍色々取り混ぜ、あちこちの店でマグロの解体ショーの実演状態、ここで買わなきゃ男がすたるてな感じで私も落ち身のトロや赤身の入ったパックを買い食べました、市場ならでわの贅沢です。

築地ではすし屋が多く有名店では朝8時ごろから寿司屋の前に10人ほどの行列が出来て外人さんや素人さんの為の観光地となっていました。東京の人達てよほど御寿司がすきなのかなぁ?

関連棟や場外にも珍しい業種の専門店があり、結構掘り出し物がありました。某業務店向けの酒屋さんでスコッチウイスキー12年物が在庫処分のため大安売りで店頭に山積みされていて、1本なんと500円!!おもわず1ケース買ってしまいました。これは今回の一押し掘り出し物です。

本業の仕事関係も一件有力な仕入先を見つけ商談を進めており、近日中に発表できると思いますこれも今回の収穫でした。しかし時間が少なくて、色々見て回れなかったのが残念でした。

それから商店街の一行は銀座四丁目の交差点で、「おのぼりさん」をして研修視察の目的地京急沿線の蒲田エリアへ移動し糀谷商店街・雑色商店街・梅屋敷商店街・蒲田商店街を見学して、横浜の昔懐かしい風情の残る横浜橋通商店街にも行ってきました。
京都や大阪とは感じの違う賑わい方で、雑色・横浜橋通りが出町商店街にイメージが似ていました。
どこの商店街にも言えることですが、全国展開の物販や飲食チェーン店が進出して街の景色が、どこも同じように見えるは残念な事だと思います、もっと個性的な地域性のある商店街にしなければと痛感しました。
築地の風景

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。